インフォメーション

住宅・断熱・気密性能 C値測定を実施いたしました。

こんにちは、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

朝晩寒く 体調をくずしやすい時期ですが 体調管理大丈夫でしょうか?

ZENSYU-HOUSEでは、先日 『 Styl of Z 』の気密性能の測定を実施いたしました。

 

 

↑ 数値を測定する機械です。

機材 設置完了 スピーカーみたいですね ♪  ちがいますが・・・。

C値測定
換気扇など計画的にあけた穴や隙間全部ふさいで、室内の空気をファンで強制的に外に吐き出します。
この時に生じる気圧差と風量を測定することにより、すきま面積を出している。

Q値測定
断熱材の種類、厚みガラス・サッシ性能などの家の仕様よりに計算式で算出します。


数値を測ってくださる業者さん 遠方から来ていただき本当にありがとうございました。

建物の仕上がり 現場の綺麗さ お褒めの言葉をいただきました。 『ありがとうございます。』 褒められるって 嬉しいですね。現場をはじめ ZENSYU STAFF 今まで以上に気を引き締めて前進したいと思います。

機材に興味シンシンなSTAFF 

 

 

 

■C値:隙間相当面積 隙間相当面積は、建物の気密度を表す数値で、床面積1㎡あたりの隙間(c㎡)の広さの値です。この数値が低いほど気密度が高いということになります。
次世代省エネ規準では、Ⅲ地域以南では5c㎡/㎡以下、Ⅱ地域以北では2c㎡/㎡以下と規定されています。
現時点での高気密の一般的な値は1.5c㎡/㎡以下といったところで、1c㎡/㎡以下であれば、優秀と評価される。

●C値とは
隙間相当面積のことで、家の気密性(すきまがどのくらいあるか)を示す指標。
家全体にある隙間面積(cm2)を延べ床面積(m2)で割ったもので、単位はcm2/m2
この数字が小さいほど気密性が高い。

Q値(熱損失係数)の簡易計算式

熱損失係数(ねつそんしつけいすう)

熱損失係数とは
Q値とも言い、住宅の断熱性能を数値的に表したものです。

Q値とは
熱損失係数のことで、保温性能を示す指標
家の内部と外気の温度差を1℃としたときに、家の内部から外へ逃げる時間当たりの熱量を床面積で割ったもので、単位はW/m2K
この数字も小さいほど保温性が高い

 

熱損失係数

 

◆ 当社使用の断熱部材の紹介

遮熱にするとどんなメリットがあるの?

登美代がお勧めするデュポン社のタイベックシルバーは高性能の透湿防水遮熱シートです。


タイベックシルバーとは

デュポン社の遮熱シートは従来の透湿防水シート(タイベック® ハウスラップ)にアルミを特殊技術で蒸着させ、遮熱効果を持たせた商品です。

ご注意:「タイベック® シルバー同等品」というものはありません。

米国デュポン社が遮熱・透湿・防水シートの販売を開始して以来、多くの類似する遮熱シートが販売されています。しかし、遮熱という機能は同じでも、その性能や品質は大きく異なり、「同等品」というものはありませんのでご注意ください。

タイベックシルバーの特長

不織布の繊維にアルミを蒸着し、その上に劣化を防ぐ樹脂をコーティングしています。それでもなお、透湿防水性能を保ち、タイベック® ならではの強靭さを備えています。(JiS A6111:2004適合)さらに従来のタイベック® ハウスラップに比べ、防水耐久性は向上し、透湿防水シートとしても高いクオリティを誇るシートです。

1.アルミ層の耐久性に優れています
アルミは本来、酸化劣化しやすい金属です。酸化劣化すると、当然ながら遮熱性能は期待できなくなります。タイベック® シルバーは、米国デュポン社の特殊技術により酸化劣化を抑え、建材として充分な耐久性を確保しました。
2.湿気を閉じこめません
従来のアルミ建材には湿気を逃がす機能が無く、壁体内結露の恐れがあり、一般化されておりませんでした。タイベック®シルバーは、米国デュポン社の特殊技術により透湿性を確保し、住宅をアルミで包むことを容易にしました。
 

 

夏は日中も、日が落ちてからも涼しく過ごせます。

遮熱住宅 夏のイメージ遮熱タイベックシルバーを利用して熱をはね返すので屋根や壁に熱を溜め込みません。そのため、日中だけでなく日が落ちてからも、より涼しく快適に過ごせます。

冬は魔法瓶のように熱を逃がさないので暖かく過ごせます。

遮熱住宅 冬のイメージ一般的な住宅では室内の熱が徐々に外へ放射されますが、遮熱住宅では熱を逃がさないタイベックシルバーの力を利用して魔法瓶のような状態を作り出すので、よりいっそう室内を暖かく保ちます。

 

タイベック®シルバー使用の遮熱住宅

躯体や断熱材に熱が伝わる前にタイベック® シルバーが輻射熱を反射します。

屋根と壁の熱の伝わり方

 ZENSYU HOUSE 仕様

    健康住宅の敵、カビ・ダニを押さえる鍵は「湿度60%以下」

 

写真のダニはアレルギーの一因となるヤケヒョウヒダニです。

ダニは口から水分補給を行うのではなく、
身体の表面から水分を吸収します。

ヤケヒョウヒダニは低湿度に比較的強いダニですが、
55%以下の湿度では、
写真のように干からびて10数日以内には死滅してしまいます。

室内湿度55%のダニと室内湿度70%以上のダニを比べると、
こんなに状態が違うことがわかります。

湿度が低いとダニは干からびて死ぬ ダニは高湿度だと繁殖する

湿度55%のダニと 湿度70%のダニ

下の写真は、
平均湿度55%の室内に置いた食パンと
平均湿度75%の室内に置いた食パンを比べたものです。

湿度約75%の室内では、4日後にカビが生えはじめ、
1週間後には右下写真のような状態になりました。

一方、湿度約55%の室内では、食パンにカビは生じませんでした。

シックハウス・カビ  

健康住宅の敵である、カビやダニの繁殖を抑えるためには、
室内を常に湿度60%以下に保つことが理想です。

 

健康住宅の敵、カビ・ダニを押さえる鍵は「湿度60%以下」

 

健康住宅というと、すぐ思いつくのが自然素材です。
自然素材は調湿効果があり、湿度の低い時には湿気を放湿し、
湿度の高い時には湿気を吸収します。

ですから、健康住宅としての要素として、自然素材は確かに有効です。

しかし、自然素材だけでは、カビやダニを抑えるのには不十分です。
もっと根本的な策を講じてこそ健康住宅ができるのです。

健康住宅の「根本的な対策」‥‥。それは高断熱高気密住宅です。

なぜ、高断熱高気密住宅が健康住宅なのでしょうか?

一般的な住宅の場合、
「暖房している部屋」と「暖房していない部屋」の間に、温度差が生じる。

‥‥‥温度差が生じると結露も生じる。

 

一般的な住宅

 高断熱高気密住宅は湿度がドンドン下り、健康住宅に有効             

                                      低温      

皆さんも覚えがあることでしょう。
暖房しているリビングよりも、暖房していない北側の部屋の窓の方が、
結露がひどいいのではないですか?
そしてその結露によりカビやダニが繁殖します。

この結露を解消するためには家の中に温度差を造らないことです。

つまり、一切暖房をしないか、あるいは、家中を暖房するかのどちらかです。

 

高断熱高気密住宅は家中同じ温度で、健康住宅に有効
 
高断熱高気密住宅

 

高断熱高気密住宅であれば、少ないエネルギーで家中を暖房することができます。
つまり、高断熱高気密住宅は結露が生じにくく、
健康住宅の敵であるカビやダニの繁殖を抑える効果がある。

それを証明するデータがあります。

下のグラフは、高断熱高気密住宅で真冬に湿度を測定した結果です。
一般的な住宅では暖房していないところは外気の湿度とほとんど同じか、
下手すると高くなってしまいます。
しかし、高断熱高気密住宅では、玄関や2F寝室も、
常に湿度50%前後であることが分かります。

 

高断熱高気密住宅の冬の湿度は低く、健康住宅に有効

 

では、夏の湿度はどうでしょうか?

夏高断熱高気密住宅は家中が低湿度!

一般的な住宅の場合、湿気が浸入してくる隙間が沢山あります。
そのため、エアコンでいくら除湿しても、湿度を70%以下にするのは大変です。

仮に、エアコンを運転しているリビングは湿度がある程度下がっても、
それ以外のところは、外の高い湿度と同じです。

 

一般の住宅は隙間から湿気が入り込み、健康住宅にならない。

一般的な住宅

 

高断熱高気密住宅であれば、外から湿気が浸入する隙間が無いので、
エアコンをかければ、家中の湿度がドンドン下り、60%以下の湿度を保てます。

 

高断熱高気密住宅は湿度がドンドン下り、健康住宅に有効

 
高断熱高気密住宅

 

一般的な住宅では、外気の湿度とほとんど同じになってしまいます。
しかし、高断熱高気密住宅では、
外気の湿度が80%を超えても、湿度60%以下を保っています。

梅雨時であるにもかかわらず、家の中はカビやダニが繁殖しにくい状態です。=<健康住宅>

住み心地のよい住宅について 語りあうZENSYU STAFF

【 Style of Z 】 数値結果 : Q値:1.97W/㎡K   C値:1.0cm2/㎡

数値的にも良い数値で 詳しく知りたい方は、お気軽に お問い合わせください。

C値はⅡ地域以上の数値以上の数値

Q値は、某 ハウスメーカー(SH社)ハイグレード仕様に匹敵します。

 

高気密にすることでのメリットは次の通りとなります。

1. 熱の出入りが少なくなり、冷暖房費の節約になる。
2. 計画換気でつねに新鮮な空気を入れ、汚れた空気を排出でる。
3. 湿気の出入りが少なくなり、住まいの湿度管理が容易になる。
4. 湿度管理(除湿)が容易になると、カビ・ダニの発生を大幅に抑制できる。
5. 家全体の遮音性能が高まり、室内を静かな環境に保てる。