インフォメーション

NEWS

2012年4月時点で5パーセントである消費税を増税する一連動きに関する問題野田佳彦内閣は、最重要課題とする消費税増税関連法案を、2012年3月に閣議決定した。野田内閣及び民主党税制調査会・一体改革調査会は消費税率を、

14年4月には8パーセント15年10月には10パーセントと、2段階で引き上げるとしている。
日本の消費税率は1989年の消費税法(竹下内閣時に成立)施行時には3パーセントであったが、97年には「福祉の充実」の名目で5パーセントに引き上げられている。民主党は2009年の衆議院総選挙において、消費税を4年間は引き上げないとの公約を掲げて圧勝した。しかしながら、政権獲得後の翌10年には消費税引き上げを示唆し始め、直後の参議院選では大敗を喫する。それにもかかわらず、野田首相は11年11月の主要20カ国・地域(G20)首脳会議では、財政再建のために消費税率を10パーセントに引き上げるとした。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

消費税増税法案に伴う税率UPの動向建物だけ課税とはいえ増税前後の差額は?

実際に消費税が増税されると、どのくらい支払う金額が違うのか、そこから見てみましょう。

 

消費税が8%になると増税分も資金計画に組み込む必要がありますね

一般的に住宅を購入する場合、土地と建物を合わせて購入する場合がほとんどですが、消費税の対象となるのは建物部分だけで、土地にはかかりません。とはいっても、建物だけの価格でも高額であることには変わりがありませんよね。

建物が2000万円の場合、  2015年の9月まで  8%になった場合 60万円UP

                        それ以降 10%になった場合 100万円UP 

                       多く納税することになります。((><))・・・・。

 

建物が3000万円の場合、   2015年の 9月まで  8%になった場合 90万円UP

                        それ以降  10%になった場合 150万円UP 

                         多く納税することになります。((;;))・・・。

  

【 月 々 の 負 担  費 用  ( 2012.10.変動金利試算した場合)  】

 

60 万円 UP時  毎月 1,652円 負担増   100万円 UP時 毎月 2,753円 負担増

  90 万円 UP時  毎月 2,753円 負担増   150万円 UP時 毎月 4,130円 負担増

加えて、土地の造成費用や融資の手数料などにかかる消費税も当然のごとく増税になってしまいます。((@@))

 

今からでは間に合わない可能性も!? 大丈夫かな?疑問 質問

お気軽に お問い合わせください。

増税までは1年9ヵ月以上もあるから、もう少し後でも大丈夫、と考えている人も多いのではないでしょうか。

ところが、手遅れになる場合もあるのです。住宅 を購入する場合、消費税が課せられるのは物件の引き渡し時。ですから、増税前に工事が開始されていても、物件の引き渡し時期によっては2%多い消費税になる可能性もあるのです。[++]…。

ゆっくり間取りを検討したいとか、余裕をもった お打合せを考えるなら、早めに何らかの行動を起こしていないと、間に合わなくなることにもなりかねませんね。(・・)q

消費税 が3%から5%になった1997(平成9)年4月の増税時には、増税開始時の半年前の契約であれば引き渡し時が増税後でも消費税は増税前の額でよいとされる経過措置がとられました。今回は、現状ではこういった措置がとられるという話は出ていません。さらに、増税前の駆け込み需要で住宅 購入者が増加して、住宅購入・建設ラッシュが起こったりすると、完成・引き渡しまでの期間が通常より延びることも考えられます。

平成25年9月末までに契約をお薦めします。尚、

平成26年3月までに工事完了されると消費税5%で、ご建築いただける。目安とお考えください。

今回の資料 及び日程は確約するものではなくm現在の消費税UPの ひとつの目安とお考えください。予告なく、経過措置 及び関係法規の変更も行われるがございますので、ご注意ください。[ 2012.10.1 ]