Zensyu-Houseの家づくり Concept by Zensyu-House.

住宅購入での優遇制度

家を建てるときにかかる税金や住宅ローンには、さまざまな優遇制度が用意されています。 補助金などお得な制度も見逃さずに利用できるよう、まずはどんな優遇があるのか確認しておきましょう。

住宅ローン減税

金融機関等から返済期間10年以上の住宅ローンを組んで住宅の新築・取得又は増改築をした場合、居住年から10年間にわたって年末ローン残高の1%相当額が所得税や住民税から控除されます。10年間の最大控除額は200万円ですが、2014年4月から消費税率が8%に上がると最大400万円に拡充されます。

長期優良住宅の特例

品質の高い住宅に長く住み続けられるよう、耐久性や耐震性などの9項目の基準を満たす住宅を長期優良住宅として認定する制度です。 長期優良住宅として市町村による認定を受けることによって税の優遇制度を受けることができます。 住宅ローン控除の最大控除額が100万円アップするほか、取得時の各種税金も優遇されます。

すまいの給付金

2014年4月の消費税引き上げに伴い、家を建てると現金がもらえる「すまいの給付金」がスタートしました。 給付額は年収に応じて最大30万円。住宅ローンを利用しない場合でも、年齢や住宅が一定条件を満たせば給付されます。

地域型住宅ブランド化事業

当社にて構造躯体にJWOOD LVLを使用し、長期優良住宅の建物を新築されたお客様を対象に、建築工事費の1割以内かつ100万円が上限に補助金が支給されます。 対象条件はJWOOD LVLを使用した長期優良住宅で、2014年6月以降に着工し、2015年9月末までに工事完成した建物で先着5棟のお客様に限ります。