Zensyu-Houseの家づくり Concept by Zensyu-House.

建物を面でしっかりと支えるベタ基礎

建物を面でしっかりと支えるベタ基礎

べタ基礎は建物を支える下部構造のことで、基礎の底部が一枚の板状になっている基礎のことです。面全体で建物を支える構造になっているため、地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へ逃がすことが可能になります。また、 シロアリを防いだり、地面からの水蒸気を防ぐ効果もあります。基礎幅は、 建築基準法の基準幅である120mmから 150mmへ広くすることで、構造をよりしっかりと支えます。基礎の骨組みとなる配筋は、太さ13mmの鉄筋を200mm間隔の高い密度で配置しています。配筋後、第三者機関による検査を行い、コンクリートを打設します。

腐らない・シロアリ被害のない木材(Z-ONE)

強度が強い木材

いつまでも快適に、安全・安心を確保した長寿命住宅の実現のために、国産無垢材にマイトレックACQを加圧注入処理された腐らない木「緑の柱」を使用しています。これにより、半永久的に腐れやシロアリ被害の心配がありません。

メンテナンスフリーで経済的(Z-ONE)

メンテナンスフリー

5年ごとに散布が必要なシロアリ駆除剤と違い、10年ごとの簡易メンテナンスのみで、木部はずっとメンテナンスフリーを実現。それは、万が一雨漏りや水漏れが起こったとしても、壁の内部にある柱や土台を腐れやシロアリ被害から長期にわたり守る、長い目で見てとても経済的な防腐防蟻技術です。